シャドーハウス

シャドーハウス【3巻】ネタバレ・感想・あらすじ お披露目試験

2021年春にアニメ化されたシャドーハウスの【第3巻】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめています。

顔のない一族である「シャドー」。

そしてその”顔”の役割を果たす、お世話係の「生き人形」。

シャドーと生き人形が貴族のまねごとをして暮らす、奇妙な館の謎とは……

※以下ネタバレを含むので、先に無料で読みたいという方は下記から無料で読む方法をご覧ください。

シャドーハウスを無料で読む

シャドーハウス【3巻】のあらすじ

”お披露目”試験に挑むエミリコ達。力を合わせながら進んだり、とあるシャドーの片思いが判明したりと、”生き人形”やシャドーの人間関係が更に進んで描かれています。

エドワード以外の”2階”の住人、そして”3階”の住人もちらっと登場します。

生き人形(男)の”すすコート”に、庭園用語やこびりつきの解説、エミリコのエプロン姿の図解つき◎

>>U-NEXTで無料で読む

 

この先ネタバレを含みます。アニメ派の方や未読の方はお気を付けください。

 

シャドーハウス【3巻】のネタバレ

【25話】審査基準

生き人形 シャドー
エミリコ ケイト
ショーン ジョン
リッキー パトリック
ルウ ルイーズ
ラム シャーリー

エドワードは突然ピアノを弾くのをやめ、不機嫌そうにパトリックの人形を格下げしてしまった。

”生き人形”がシャドーに対して無礼だし、「そもそも”生き人形”に格付けされるのも気に食わない」とパトリックは指摘する。

エドワードのシャドーの所在を尋ねると、「…私は”特別”な生き人形だ」とエドワード。わざわざ半人前の為に、上位のシャドーが姿を見せるとでも?と言葉を続けた。

庭園を案内しようと言うエドワードだったが、「菓子でも食ってろ」という捨て台詞を残し、ドアは”生き人形”達の目の前で閉められてしまった。

リッキーペアがなぜ格下げされたのかと疑問を呈するショーンに、ルウは「ダンスをしろ」とは言われていないと返す。

しかし結局全員踊ったので、エドワードの真意は分からない。

こいつは落とせる
 いや落とさなければならない
 なのにケイトの”生き人形がやる気にさせた

と考えながらイライラしているエドワード。彼は自分の思い通りにならないことが許せないのだ。

”お披露目”はエドワードの試験官としての腕も試されている。1組は落とさないとやる気がないように思われてしまうようだ。

一方、ゆっくりお茶しているエミリコ達。

自分たちも行くべきなのかと思案するショーンに、鍵がかかっている上に「来い」とは言われていないとリッキー。

「ケイト様が『いつも通りでいて』と言いました
私はそれを信じるだけです」

そう言いながら、お茶菓子やケーキを食べ、お茶を飲んでほっこりするエミリコ。しかしケーキの中に異物が含まれていたようで、ぺっと吐き出してしまった。

それは「フェーブ」と呼ばれる磁器製の幸運の小物だった。新年に食べるガレット・デ・ロワに入っているものだ。

もしかしたら他のお菓子にもフェーブが入っており、繋げると指示が出てくるのではと考えるショーン達。彼らは片っ端からお菓子を食べることにした。

ショーンの予想は当たっており、お菓子から5つのフェーブを見つけ出したエミリコ達。組み合わせ、鍵のかかったドアのくぼみに嵌めてみると、庭園へと続くドアが開いたのだった。

まとめ
  • ”お披露目”はエドワードの試験官としての腕も試されている

【26話】不揃いな道具たち

「扉が開いたってことは出て追いかけろってことで良いんだよな?」と言うショーンに対し、罠かもしれないし間違いかもとリッキー。

しかしエミリコは「主人を心配するのは『余計なこと』ではないですよ!」と言い、行こうと皆に声をかける。

部屋から出ることは正解だったのだろう、外ではエドワードが待っていた。エミリコ達の主であるシャドー達は、庭園のどこかにいるようだ。

  • ”生き人形”は顔を傷つけてはならない
  • シャドーは服を汚してはならない

以上の貴族としてのルールを守りながら、主人を”無事助け”合流し、庭園の出口まで時間内に辿り着くことが次のミッションらしい。

続けて、現在までの順位が発表された。トップはルウ、次いでショーンとリッキー、そしてラム、最後がエミリコだ。

上位の者から順に、好きなものを選んで持っていて良いとエドワード。この先で試験に役に立つものもあるらしい。つまり無駄なものもあるってことだなとリッキーは想像する。

地面に転がっていた石を拾い、当てたものを選ぶルウ。ルウは選ぶのが苦手らしい。彼女が手に取ったのは剪定ばさみだ。

続いてショーンはルーペ、リッキーはすすコートを選んだ。ラムはランタンだ。最後のエミリコは、リッキーに馬鹿にされながらも手押し車を選択した。

まとめ
  • ルウが選んだもの:せんていばさみ
  • ショーンが選んだもの:ルーペ
  • リッキーが選んだもの:すすコート
  • ラムが選んだもの:ランタン
  • エミリコが選んだもの:手押し車

【27話】庭園迷路

主人を探して合流し、2時間以内にゴールまでたどり着くというミッションが始まった。地図と筆記用具が入った袋が配布され、1人1人別の入り口からのスタートだ。

地図に何か小さい黒い点が5つあるのに気づくショーン。お影様の居場所かもしれないと思い、早速選んだルーペで観察する。

何か文字が書かれていることまでは分かったが、文字が小さすぎてルーペがあっても読めないショーンだった。

別々の場所からスタートした”生き人形”たちだったが、ラムとばったり出くわすエミリコ。二人は一緒に行動することにした。迷路の庭園を楽しそうに進んでいくエミリコ達。

一方リッキーは、生け垣を突き破って進むルウと出くわした。ルウは使えるかもしれないと思ったリッキーは、一緒に進むことを提案する。

めいめいの方法で主人を探すエミリコ達だったが、突然爆発音が響き渡る。

エドワードに閉じ込められたことに腹が立ち、すすを出しまくって自ら脱出したジョンだった。

まとめ
  • ショーン:単独行動
  • エミリコとラム、ルウとリッキーはそれぞれ一緒にいる
  • ジョンは自力で脱出した

【28話】視線

温室に辿り着いたエミリコとラム。エミリコは、なっているオレンジを食べたり、使えそうなものを色々手押し車に放り込む。

爆発音と照らし合わせ、地図に書かれた黒い点がお影様の位置であることに気づいたエミリコ。まずは現在地から一番近い黒い点に向かうことにした。

一方、檻の中に閉じ込められているケイト。エドワードの不在を確認し、すすの力を試してみようか思案していると、自力脱出したジョンがやってきた。

ケイト
 俺の婚約者になれ

突然のジョンの告白を、即答で断るケイト。「俺はシャドーハウスの王になる男だ。ケイトお前に後悔はさせない」とジョンは続ける。

婚約を成立させるなら助けてやるとでも?
 そんな打算的な男と結婚したくないわ

と断るケイトに対し、ますます惚れ直してしまうジョンなのだった。

ショーンに助けられたのではなく、ジョンが自力脱出したことに食いつくケイト。どう抜け出したのか尋ねるが、オノマトペのみで説明するジョン。

意識してすすを操っているわけではなさそうだと結論付け、シャドーが「すす」を操れるという事実をケイトは再確認する。

そして、ケイトの檻はまるで見世物のようだと言ったジョンの言葉をヒントにきっかけに、”お披露目”は”誰かがどこからか見ている”のではと思案した___。

まとめ
  • ジョンはケイトを気に入っている
  • シャドーは「すす」を操れる
  • ”お披露目”は”誰かが見ている”

【29話】不完全な地図

ケイトが予想した通り、どこからか”お披露目”を見ている大人のシャドー達。庭園迷路自体はエドワードが造ったものらしい。

”生き人形”達の動きを追っているのはジェラルドというシャドーだ。

アイリーンは口からすすを吐き出して鳥を造形し、伝書鳩のようにしてエドワードの元へ向かわせ、何かを伝えた。「すすバト」というものらしい。

一方、生け垣をハサミで切り開いて進むルウ。しかし地図には高低差の情報は書かれていないので、生け垣を破った勢いで下の道に落っこちてしまう。

リッキーがハサミを回収してからのぞき込むと、ルウが下の茂みから飛び出してきた。

リッキーに馬乗りになり、

私の顔
 傷ついていない?

と尋ねるルウ。

「ち…近すぎてわかんねーよ」と照れながら答えるリッキーだった。

顔に傷が無いことに安心し、足の怪我に構わず進もうとするルウを見かねて、リッキーは彼女に手当てをしてあげる。

「私のことが心配?」と尋ねるルウに対し、

…俺が身を案じているのは
 パトリック様だけだ
 きっとパトリック様は不安でたまらないはず
…」

と返すリッキー。

彼の予想通り、狭くて暗い箱に閉じ込められ、泣きべそをかくパトリックだったが、外から声をかけるものがいた。

まとめ
  • ケイトの予想通り、”お披露目”は大人のシャドー達によって見られている
  • 庭園の迷路はエドワードが造った

【30話】黒い点

箱に閉じ込められているパトリックに声をかけたのは「お花畑」ことエミリコだった。

エミリコのような出来損ないに助けられたくない、馬鹿にするなと声を荒げるパトリックだが、馬鹿にしていないと返すエミリコ。

お影様が閉じ込められているなんて想像だにしなかったと言葉を続ける。ケイトが心配だし、リッキーだってパトリックを心配しているはずだとエミリコ。

「俺を助けたってお前は試験に受からないんだぞ」と言うパトリックに、エミリコは「助けても落ちるわけじゃない、役に立てれば嬉しい」と返す。

しかしパトリックは、リッキーの助けを待つと宣言する。自分がリッキーの助けを待てないようでは示しがつかないというわけだ。

エミリコはパトリックの意見に納得し、代わりに木箱の穴からパトリックにオレンジや花を差し入れる。

次はケイト様と一緒にお会いできることを楽しみにしています

と言い、去るエミリコに、『あいつは本当に「お花畑」だな…』と独り言を言うパトリックだった。

パトリックを後にしたエミリコとラムは、ショーンと遭遇する。3人の”生き人形”が合流した。

エミリコにルーペを渡し、黒い点の下の文字が読めないか尋ねるショーン。しかし文字だとショーンが思ったそれはただの線だった。

お互い通った道を教え合い、ここから一番近い黒い点に向かうことにしたショーン達。しかしそこへ続く道は鉄の門で閉ざされているのだった

まとめ
  • 他のお影様を助けても”生き人形”にメリットがあるわけではない
  • パトリックはリッキーの助けが来ることを選んだ
  • エミリコとルウ、そしてショーンが合流した

【31話】失敗

オブジェを動かし、鉄格子を開くことに成功したエミリコ達。

黒い点が書いてある地点に到達したはいいものの、そこにお影様の姿は無かった。

残っているすすの足跡から、ジョンがいたと推測するショーン。

足あとを追うと、無事ジョンと合流することが出来、ショーンは安堵するが、ジョンの服が汚れていることに思わずへたってしまう。

庭園ミッションを突破するためのルールを、知らず知らずのうちにジョンが破ってしまったからだ。

ルールを聞かされたのは”生き人形”のみで、シャドー達には知らされていなかったことに対し、憤るジョン。

「ケイトにも教えてやらないと」と言うジョンに対し、「ケイト様とお会いになったのですか?!」と食いつくエミリコであった。

まとめ
  • ①”生き人形”は顔を傷つけてはならない
  • ②シャドーは服を汚してはならない
  • 以上のルールは”生き人形”にのみ知らされている

【32話】浮かび上がる細工

ケイトに婚約者になって欲しいと告げたことを、ショーン達に話すジョン。ジョンはケイトの内面に惚れたらしい。そしてケイトの「すす」が良いと続ける。

「顔」には心が現れるため、ケイトにもエミリコみたいな可愛らしい一面があり、高貴さと愛くるしさが同居しているとジョン。

檻に閉じ込められているケイトを救うのは大変かもしれないというジョンの言葉をきっかけに、エミリコは再度地図をしっかり確認することにした。

そして黒い点の下の暗号を読み解き、全部のお影様の位置を把握することに成功する。

ランタンに地図を近づけすぎて焦がしてしまうエミリコだったが、焦げ方の違いで偶然地図の仕組みに気が付き、高低差も把握することが出来た。

残り時間については、ラムが歩いた距離とすす時計の進み方を計算した。

残る問題はジョンの汚れた服だったが、「すす」で汚れてしまったショーンの地図に、一か所全く汚れないところがあった。ここに行けば服を綺麗にすることが出来るのではと推測するショーン。

エミリコはケイトを助けに、ラムはシャーリーを助けに、そしてショーンとジョンは服を綺麗にするために。

力を合わせてここまでやってきたエミリコ達だったが、各々の目的の為に一旦分かれることになった。

まとめ
  • ジョンはケイトの内面が好き
  • 計算が得意なラム

【33話】首席

ショーンは最初、ラムのことをうじうじして無気力な奴だと思っていた。しかしラムには能力も根性もあるとショーン。

みんな必ず”お披露目”を乗り越えてまた会おう!

エミリコ、ラム、ショーンは手を合わせて誓い合った。

一方、ラムの主人であるシャーリーと遭遇したリッキーとルウ。お影様は、みんな違う方法で囚われているらしい。

ケイトのことも遠目で見つけたルウたちだったが、他のお影様は助けようとしない彼女に、「自分の事しか考えないやつだな」とリッキー。

しかしルウは「エミリコはケイト様を助ける。ラムはラムのお影様を助ける。私はルイーズ様と助ける、それだけ」と返すのだった。

ぶれないルウに、リッキーは「俺が一番優秀な”生き人形”のはすだ」と己を奮い立たせる。

すすが上がっているのを見つけ「ルイーズ様!」と声をあげるルウ。

なぜ分かるんだと問うリッキーに対し、お影様によって「すす」の出方が違うと説明する。

シャドー すすの出方
ケイト 真っすぐ上がる
ジョン 火花のよう
パトリック 薄く広がる
ルイーズ カーブを描く
シャーリー

無事ルイーズを助け出すことが出来たルウ。

ルウに紹介され、「お美しいルイーズ様のお役に立てて嬉しく思います」とお辞儀するリッキー。しかし「気持ち悪いっ」とルイーズから罵倒されてしまう。

リッキーにとっては恐らくただの社交辞令であり挨拶のつもりだったのだが、ルイーズは「生き人形のくせに身の程知らず」と解釈したのだ。

心無い言葉をルイーズから浴びせかけられ、ちらりとルウの顔を確認すると、ルウはルイーズの心情にしっかり”顔”を合わせていた。

ルウの感情ではないものの、ルウから嫌悪感をあらわにした表情を向けられ、胸が痛むリッキー。

傷ついたリッキーをよそに、ルイーズはルウとの二人の世界へ。今彼らを穴に突き落とせば…と不穏な表情を浮かべるリッキーだった。

まとめ
  • お影様はみんな違う方法で囚われている
  • お影様の「すす」の出し方は人によって異なる

【34話】いつもの姿

途中まで一緒に向かっているエミリコとラムは、たくさんの「こびりつき」に遭遇してしまう。

お影様を助けるには「こびりつき」のたくさんいる場所を通らなくてはならない。

ケイト様が普段通りの生活に戻れるように、まず私がいつもの私に!」と、エミリコはささっと箒とエプロンドレスを作成する。

エミリコがいつもケイトのことを考えているのに対し、自分は…と俯くラム。

エミリコが「こびりつき」を倒している間にラムがなぞ解きを行い、2人は無事に突破する。

分かれ道にて、泣き出してしまうラム。

心配するエミリコに、

シャーリー様の「顔」は”ラム”じゃない…

と意味深なことを言うラムであった。

まとめ
  • エミリコはお裁縫が得意
  • ラムは頭で考えることが得意

【35話】見えないから

シャーリー様の「顔」は”ラム”じゃない…」というラムの言葉に、戸惑うエミリコ。

ラムは泣きながら言葉を続けた。

シャーリーから名前を貰っていないこと、シャーリーと会話をしたことが無いこと、自分でラムと名乗っていること…。

そしてエミリコはケイトのことを常に第一で考えているけれど、ラム自身は自分の事しか考えていないと言う。

シャーリーは「すす」もほとんど出ないし、部屋の掃除もあまり必要ないようだ。

シャーリーの感情が見えないと泣き叫ぶラムに、「(感情が)見えないから私は想像したいんです」とエミリコ。

ラムに似て、シャーリーもおしゃべりが苦手なのかもしれないし、「すす」が出ないのは満足しているからかもしれないと元気づける。

エミリコの言葉で「シャーリー様とお披露目に受かりたい!」とラムは強く思うのだった。

一方、鳥かごのような場所に閉じ込められているケイト。突然、檻を吊るしている天井の鎖が外れてしまう。

どうやらケイトから出る「すす」が天井に吸い込まれており、すすが貯まることで鎖が外れる仕様になっているようだ。

「すす」を操ることは出来ても、「不安な感情」を消すことは出来ない…と更に不安になり「すす」を出してしまうケイト。

そこへエミリコの「ケイト様あーーー!」という声が響き渡った。

まとめ
  • ラムは主であるシャーリーと会話をしたことが無い
  • ラムと言う名前はシャーリーに貰ったものではない
  • ケイトの閉じ込められている檻は、「すす」が貯まると鎖が外れてしまう

【36話】試験官

庭園を造っている顔の見えない人形たち。そんな彼らを黒髪のジェイと、帽子をかぶったエリーが観察している。

庭園自体を考案したのはエドワードだが、実際に手を動かしているのは”顔の見えない人形”というわけだ。

そもそも”お披露目試験”の目的は”3階”の方々へ娯楽を提供することであるとエドワード。試験官としての功績が”偉大なるおじい様”の目に留まれば、”3階”に上がることも夢じゃないらしい。

”2階”のままでも十分な権力はあるけどね」と言うエリーに対し、「突き進むべきなのだ」とエドワード。

”おじい様と共にある棟”まで来た後も”1階”、”2階”、”3階”と更なる階級が設定されているようだ。

”顔”すら出さない”3階”の重鎮方にはそろそろ席を空けてもらわねば

と言うエドワードを、ジェイは諫める。

”お披露目”からの同期は、エドワードとジェイとエリーしか残っていないため、慎重に行くべきだと進言する。

「下の者に目を向けるのも大事じゃない?」と資料を広げるエリー。エドワードは既に目を通したという。

資料には、部屋から出る「すす」やごみの情報までこと細かに載っているようだ。

ジョンのことを、能力が開花するかもしれないと予想するエドワード。シャーリーについては落ちるだろうというエドワードの見解だ。

そして(おそらく)ケイトについては、『情報にそつがない まるで見られていることを警戒するように…』と感想を抱く。

まとめ
  • ”おじい様と共にある棟”でも”1階”、”2階”、”3階”と更なる階級がある
  • ”3階”の人たちは”顔”すら出さない
  • エドワードとジェイとエリーは”お披露目”からの同期、今は”2階”の人間

シャドーハウス【3巻】の感想

ジョンってケイトの事好きなの?!?!?!?!?

そもそもシャドーの人たちって、結婚とかの概念があるんですね。驚きました。

そして何やら良い感じのリッキーとルウ。いや、意識しているのはリッキーだけでしょうか。偉そうにしているのに、不安で泣いちゃうパトリックも可愛かったです。

今回色々と大活躍のラムも良かったですね! 実はシャーリーとは一度も会話をしていないということにはびっくりですが、ラムもお披露目に受かるといいなあ。

それから”2階”の住人であるエドワード達は、シャドーなしで行動していることに対し、”3階”の住人達は”顔”なしで行動しているっぽいところが非常に気になります。

お互いのシャドー、そして”生き人形”はどこにいるのでしょうか。

謎が謎を呼ぶシャドーハウス、4巻も楽しみです!

>>シャドーハウス4巻のネタバレ・あらすじはこちら

シャドーハウス3巻が無料で読める!

U-NEXT<ユーネクスト>を使えば無料トライアル登録をするだけで3巻を無料で読めちゃいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからないですし、U-NEXT<ユーネクスト> で配信しているアニメも見放題なのでおすすめです!

登録が面倒な場合はebook japanがおすすめです。期間限定とは言え、定期的に無料配信や、試し読み増量も行われています。

ebook japanは毎週金曜日には20%還元キャンペーンを行っていますし、週末も15%オフクーポンが配られるのでお得に漫画を購入することが出来るんです。

わたしはebook japanで最新刊まで購入しちゃいました! 20%還元の日にしか漫画を買わないので、定価で買うよりも今までで既に5万円以上得しています。